PPT内で聴診サイトを表示する

藤木 清志
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

PPTのページ内にブラウザを埋め込む方法

PPTのページ内にブラウザを埋め込むと、プレゼンテーションの時に画面を切り替えることなくWebページを使う事ができます。更にこの機能を使うと、パソコンへの負荷(CPU,メモリ)が減りますので、オンライン会議の時などパソコンに負荷がかかる状況では役に立つと思います。

以下、動画とテキストで紹介します。

 

1.PPTにアドインを追加する

PPTを開く/挿入/アドイン/個人用アドインを開きます

ポップアップ画面の下部から「Officeストアでアドインを検索する」を押す

検索窓に「microsoft」を入力して検索

表示されたリストから「ビューア―」を追加します

 

2.PPT内でWebページを開く

ビューワーの枠内に表示したいWebページのURLを入力

※「https://」は既に記述されていますので、https://以降の文字列のみ入力します。

枠の右下「プレビュー」を押すと、目的のページが表示されます。

 

他のPPTページと同じように、他のPPTファイルにコピーして利用することもできます。

 

本件に関するご質問

株式会社テレメディカ

mail to: 3sp@telemedica.co.jp

tel 045-532-4613

この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© テレメディカのブログ , 2021 All Rights Reserved.