QRコードでiPaxを配布する

藤木 清志
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

QRコードで配布できる聴診症例

学会教育セッション、医療系大学からのご要望にお応えし、仮想聴診シミュレータiPaxがQRコードで利用できるようになりました。

受講者、学生に配布してご利用いただけます。

◆知識と聴覚を同時に鍛える

教科書(文字)と一緒にQR-iPax聴診が可能になりました。知識と聴覚の一元学習で医療が学べます。

◆授業やTBL、演習の資料としてQR-iPaxを配布

QR-iPaxを配布できるため、自宅でもより実践的な教育ができます。

◆スマートホン、タブレットでQRコードを読むと、画面に胸部イラストが表示されます。胸部をタップするとその部位に聴診器アイコンが移動しその部位の音が聴こえてきます。症例名は表示されませんので、レポート課題としてご利用いただくこともできます

(イメージ)

◆教員用としてiPaxのクラウドライセンスを発行いたします。クラウドにログインするとQRと同じ症例の解説を閲覧することができます。

詳しくはこちら


お問合せ

株式会社テレメディカ

横浜市青葉区青葉台1-3-9

email ask@telemedica.co.jp

電話 045-532-4613

この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© テレメディカのブログ , 2022 All Rights Reserved.