iPax学会無料提供

藤木 清志
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

iPaxを学会の教育セッションに無料で提供いたします。

ご希望の方はこちら (Google form)からご申請ください。

iPaxとは】

iPaxは仮想空間聴診シミュレータです。画面に表示されたチェストピースアイコンを前胸部/背部イラスト上に移動させると、その部位の音が出力されます。

前胸部/背部には多数の音源が配置されていますが、全ての音は同時シンクロ再生なので、まるで人を聴診しているかのように心音・肺音を聴くことができます。

ほとんどすべての心音/肺音を用意しています。ご希望の症例をお示しいただければその症例を設定して学会・研究会専用ライセンスを発行いたします(専用コンテンツはご申請者様のみに開示され、他の利用者には公開されません)。

iPax site (kikuzosound.com)

【iPaxでできること】

聴診教育だけではなく、ケーススタディにもご活用いただけると考えています。

iPaxに掲載している聴診音について、HRやRRを変更あるいは調整したり、画像診断やECG・UCG情報などをご提示いただければ、それに合わせて聴診音を編集してiPaxに掲載し提供します。

その他、血圧測定に関しても聴診法と触診法*を両方実施することが可能です。

*触診に関してはiPax専用スピーカ聴くゾウが必要です。

【iPaxの使い方】

テレメディカが発行したライセンスキーを利用してユーザ登録をするだけで利用できます。

パソコンやタブレットの画面をスクリーンに投影したり、オンライン開催においては画面と音声を共有して利用することができます。

 

【その他】

iPax専用スピーカ聴くゾウのご利用を希望される場合は、送料と管理費実費がかかる場合があります。台数に制限がありますので事前にご相談いただければと存じます。

 

お問合せ
メール 3sp@telemedica.co.jp
担当部署 テレメディカカスタマーセンタ
045-532-4613
責任者
株式会社テレメディカ
代表取締役 藤木清志

この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© テレメディカのブログ , 2022 All Rights Reserved.