聴くゾウでできる血圧測定演習

藤木 清志
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

上腕にカフを巻いて、橈骨動脈を触診しながら加圧。

動脈が触れなくなってから20~30mmHgさらに加圧し、減圧開始。聴診器からコロトコフ音が聴こえ始める点がスワンの第1点。収縮期血圧です。

減圧を続けるとコロトコフ音の聴こえ方が変わってきます。やがて音が急に小さくなり、聴こえなくなる。この点が拡張期血圧でスワンの第5点と呼ばれます。

学生同士や親兄弟で練習する以外の方法として、シミュレータがありました。

聴くゾウで血圧測定手技の練習ができるようになりまし。↓↓↓

血圧演習コンテンツは、kikuzosound.comにログインして利用します。

コンテンツの掲載場所(パソコンの画面で説明します。スマホ、タブレットでは少々デザインが異なります)

1.画面上部の「ライブラリ」を選択します(ログインして操作してください)

ユーザ登録方法はこちらで紹介しています。

2.ライブラリページの左上プルダウンから「触診」を選んでください。

3.血圧演習のコンテンツが表示されます。「open」を押すとコンテンツが表示されます。

聴くゾウまたはイヤホンを接続して利用してください。

この記事を書いている人 - WRITER -
藤木 清志

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© テレメディカのブログ , 2021 All Rights Reserved.