ログイン/登録 >>

ビデオ学習

排尿管理セミナーの講演をもとに、それぞれ数分のショートビデオに編集し掲載しています。

(10分28秒)

(6分20秒)

(10分56秒)

(10分57秒)

(4分31秒)

(4分31秒)

(5分10秒)

排尿トラブルのメカニズムについてやさしく解説しました。(6分37秒)

残尿は、尿路感染症や腎盂腎炎などを引き起こす原因になります。(5分54秒)

お尻の拭き方と膀胱炎の関係について解説します(2分21秒)

水分摂取と血液さらさらの関係について解説します(2分30秒)

前立腺肥大症と尿道カテーテルの挿入について解説します(4分12秒)

紫色になった採尿袋について解説します(3分17秒)

カテーテルの脇から尿がもれるときの対処方法を解説します(1分23秒)

カテーテル留置中の尿道周囲消毒について説明します(2分52秒)

カテーテルの交換時期について解説します(1分31秒)

カテーテルフレンチサイズと内腔サイズについて解説します(2分05秒)

カテーテル挿入時の消毒/洗浄について解説します(2分30秒)

尿が臭い原因、対処方法について解説します(1分46秒)

蓄尿障害と排出障害に関するお薬について説明します(4分49秒)

残尿を確認しましょう。残尿はエコーなどの機器を使わなくても「導尿」で確認することができます。50cc以上の残尿が異常の目安です(4分54秒)

排尿トラブルの症状を「聞いた」後には、排尿日誌をつけてみましょう。排尿日誌をつけることで多くの情報を得ることができます(3分38秒)

排尿トラブルがある方はその症状の自覚があります。検査の前にまず症状を「聞く」ことが大切です。質問票などを参考に「まず、聞いてみましょう」(5分29秒)

排尿生理②では、膀胱と中枢神経の関係について解説しました(6分55秒)。

下部尿路症状(蓄尿症状、排尿症状)を具体的な症状をあげて、わかり易く解説しています(3分35秒)。

正常な排尿とは、「尿意」「自分の意志で排尿をコントロールできる」「排尿の回数・量」「尿失禁がない」「残尿が50ml以下」「力まず排尿できる」ことです。(6分29秒)

膀胱の機能は「出す」「貯める」。 排尿生理についてわかり易く紹介しています(3分11秒)

おむつの利用に際して配慮すべき点や保険制度などを紹介しています(3分51秒)

自己導尿について具体的な方法を解説しています(5分16秒)。

尿路感染症や膀胱結石など尿道カテーテルの合併症、CDCガイドラインについて説明しています(3分56秒)。

留置カテーテルの適応や種類、サイズ、特徴などを紹介しています(4分11秒)。

下部尿路リハビリテーションとトイレ環境・衣類の工夫について紹介しています(4分40秒)。

排尿記録から得られる情報や排尿状態を把握することの意義、残尿測定などについて紹介ししています(3分45秒)。

尿意がある症例には排尿習慣の再学習が有効です。ここでは排尿習慣の再学習について具体的な方法を紹介します。

膀胱をリラックスさせる抗コリン薬は蓄尿障害に使用されます。ここでは抗コリン薬の特徴と注意すべき副作用について紹介します。

排尿時に尿道を開くα遮断薬は血管を拡張させる作用があるため、起立性低血圧を生じることがあります。ここでは起立性低血圧を事前にチェックするための方法や・遮断薬の特徴について紹介します。

長期留置症例では感染は必発です。その際の対処方法と自己導尿の利点・欠点を紹介します。

尿路の確保が必要なときや周術期には膀胱カテーテルが適応になりますが、尿失禁があるという理由で安易にカテーテルを留置するのは正しくありません。カテーテルの材質にもさまざまなものがあります。ここでは膀胱留置カテーテルの適応や素材などについて紹介します。

尿が漏れるタイプとして腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁などが、出にくいタイプとしては前立腺肥大症や神経因性膀胱などがあります。これらの分類と症状について紹介します。

排尿機能の検査には、尿流動体検査や膀胱内圧、尿流量検査などさまざまなものがあります。これら検査の実際について紹介します。

蓄尿症状には頻尿や尿意切迫感、失禁などが、排出症状には尿勢低下や排尿遅延、尿閉などがあります。これら下部尿路症状について紹介します。

排尿機能が正常の場合尿意を感じ我慢することができます。排尿機能に異常があると蓄尿障害や排尿障害をきたします。これらのメカニズムを紹介します。